地域仕事づくり プロデューサー戦略会議2016

2016 1113日(日)
10:30〜17:30

13:45 - 15:00

  • 新しい地域産業

B-6

地方創生戦略から考えるローカルベンチャー

〜「稼げる行政の仕組み」をつくる〜

b-6_thumbnail

SPEAKER

  • 上山 隆浩

    西粟倉村役場産業観光課課長

  • 田中 靖彦

    日南市役所商工政策課商工係 主査

FACILITATOR

  • 山内幸治

    NPO法人ETIC.事業統括ディレクター

いま国が力を入れて取り組んでいる「地方創生」。
その本質はいったい何なのでしょうか。
なぜ、地方創生が必要なのか。その言葉の指すものは何なのか。

これまでの地域の文化を生かしながら、新しい地域の姿をつくっていくためには「稼げる」仕組みが必要ではないでしょうか。
この分科会では全国各地で創業支援や事業継承など様々なチャレンジをしている自治体の方々をお招きし、自治体としての地方創生の戦略や今後のビジョンを語っていただきながら、それぞれの地域の未来を考えていきます。

SPEAKER

スピーカー

b-6_profile1

上山 隆浩

西粟倉村役場産業観光課課長

1960年生まれ、岡山県西粟倉村出身。京都産業大学を卒業後、Uターンし西粟倉村職員となる。平成21年4月に産業建設課長となり平成24年4月より現職。「百年の森林構想」「環境モデル都市構想」「バイオマス産業都市構想」を掲げ西粟倉村内の地域資源を活かしながら地域活性化に取り組む。 村の地域資源を活用した新たな地域経営モデルの構築に向けローカルベンチャー(地域を舞台として価値創造に挑戦する事業体)の発掘と育成に力を注いでいる。

b-6_profile2

田中 靖彦

日南市役所商工政策課商工係 主査

平成8年日南市役所に入庁。税務、管財、高齢者福祉、観光関係を経て、平成27年4月から現職場に配属。企業勧誘担当として、油津商店街を中心にIT関連企業を誘致。今年からローカルベンチャー支援担当。

FACILITATOR

ファシリテーター

b-6_facilitator

山内幸治

NPO法人ETIC.事業統括ディレクター

1976年神奈川県生まれ。1997年にETIC.に参画し、長期実践型インターンシップを事業化。早稲田大学やNEC、経済産業省などさまざまな機関と連携し、若者がチャレンジしていく環境づくりに取り組んできた。東日本震災からの復興に取り組む人たちの後方支援を担うため2011年3月14日に「震災復興リーダー支援プロジェクト」を発足。同年5月より復興リーダーの「右腕派遣プログラム」や「みちのく復興インターンシップ」、「みちのく復興事業パートナーズ」など、復興に関わる多数の事業を手がけている。

参加お申し込みはこちら