Booth No.

25

求人案件プログラム

【鳥取県鳥取市】特定非営利活動法人学生人材バンク  

エリア:中四国

事業概要

しいたけ人材 鳥取県人は「煮えたら食わぁ」の積極性の低い県民とも言われますが、学生人材バンクはリスクを取って旗を振る人材の登場を生む土壌をいかに作るかも未来に向けた大きな課題の一つだと感じており、そういう人を呼び込む役割を組織として担っていきたいと考えていおります。
今回の仕掛け人市では、日本一人口の少ない県のいい意味での狭さを味わえる求人やプログラムをご案内します。鳥取がチャンスが多い場所ということをぜひ認識してください。

ツアー001(企業ヒアリング)

採用者に想定する事業内容

日本きのこセンターは鳥取県にある原木シイタケの栽培支援を行う組織で、主に種菌の生産や開発、販路拡大、ブランディングなどを行なっています。また菌湛研究所という国内唯一の民間研究所を構え、品種改良など技術的・専門的な活動も行っています。
・原木シイタケの生産技術の取得(森林内の作業が多いです)
・原木シイタケの管理技術の取得(森林内の作業が多いです)
・地域の里山保全に関わる動き
・集落の共同作業など地域になじんでもらうための各種用事

地域紹介

鳥取県は東西100キロ、南北30キロ程度の小さな県で、人と人のつながりが濃いのが魅力でもあり、周りを機にして挑戦しない土地柄でもあります。また、10年前の市町村合併に伴い、各地の地域活性の主導役であった役場職員も、広い範囲での異動が頻繁に行われるために、旧町村地域の物事を熟知し、市民間の調整役になれるような人材が目に見えて減ってきたとも言われています。
しかし、見方を変えればこれは脱行政依存の契機とも捉えることができ、若者や外部人材が事業をする上ではプラスに働く可能性が大いにあります。

団体概要

コーディネーター谷口001

団体名:【鳥取県鳥取市】特定非営利活動法人学生人材バンク  

団体住所:〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南1-246

URL:http://i-site.jinzaibank.net

担当者:谷口一真(タニグチ カズマ)

メッセージ

原木シイタケの販売までの仕組みはきのこセンターで作りました。数年かけて、きのこ技術を継承してもらい、里山の守り人として地域に定着してください。導入前後、修行中の地域との関係性などのフォローや空き家等住居などの手配は、該当自治体・集落・NPOと連携してサポートします。まずは足を運んでいただき、先輩の声を地域の声を聴いてもらえればと思います。

参加申し込みはコチラ!

※当日、イベント後に交流会をご用意しております。
ご希望の方はエントリー時にお申込み下さいませ。(なお、応募者多数の際は、抽選となる場合がございます。)

ここに掲載の案件は、特徴的なものを1つ取り上げています。当日はほかの募集案件もございますのでまずは参加してみてください!

おすすめの出展者はこちら!

事務局
NPO法人ETIC.(エティック)
担当:柴沼・石山・渡辺
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
Mail:challenge-community@etic.or.jp

プライバシーポリシー